2016年09月09日

二井原 実✖稲葉 浩志 Vocalist対談

二井原 実✖稲葉 浩志 Vocalist対談
https://youtu.be/4sohPoKyjPo

Loudnessの二井原さんとB'zの稲葉さんとの対談!

これは興味深いです。

Loudnessと言えば日本のHM界の頂点に君臨していた存在であり、

B'zと言えば日本の音楽界で成功をおさめ、

Loudnessを上回る活躍をしていると思います。

そんな二人の対談です!


ホームページ→http://nwdxs538.wixsite.com/mysite-2
posted by ミュージック at 01:37| Comment(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

稲葉浩志 新曲「YELLOW」配信スタート!!

稲葉浩志 新曲「YELLOW」配信スタート!!


稲葉浩志 Official Website「en-zine」にて、コーセー『スポーツ ビューティ』CMソングとして書き下ろされ、只今オンエア中の新曲「YELLOW」の配信がスタートしました!ショートムービーも公開中です。

※各配信サイト&ショートムービー >>> http://en-zine.jp/pc/performance/index.html#yellow

※コーセー『スポーツ ビューティ』特設サイト >>> http://www.kose.co.jp/sportsbeauty/

ホームページ→http://nwdxs538.wixsite.com/mysite-2






UA-83258122-1
posted by ミュージック at 22:26| Comment(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- 2015.07.26 名古屋ドーム 使用機材



7.26 名古屋ドーム公演で使用された機材です。

Tak's Guitars

IMG_0116.JPG

左から一列目のギターは、
Gibson Custom
Tak Matsumoto Firebird Vintage Sunburst #1
DCシリーズに次ぐシグネチュア・モデルのファイヤーバード。
サンバースト・カラーの#1は「君を気にしない日など」
「Man of The Match」「EPIC DAY」で登場した。

二列目のギターは、
Gibson Custom
Tak Matsumoto Firebird Red Prototype #2
ハイ上がりの音特性を持つ、赤いボディーの#2は
「ultra soul」「スイマーよ!!」「BURN」
という、ハードなサウンドが繰り広げられた
後半の3曲で起用された。

三列目のギターは、
Gibson Custom
Tak Matsumoto Firebird Trans Black Prototype #3
ブラック・カラーの#3は、音色が少々丸めだという。
本編の「アマリニモ」「Exit To The Sun」「Black Coffee」、
アンコールの「イチブトゼンブ」でプレイされた。

四列目のギターは、
Gibson Custom 
Flying V Korina 50th Anniversary 2008
今ツアーで初めて披露された本器は、Tak初となる
フライングV。半音下げチューニングにセッティングし、
「Las Vegas」と「愛のバクダン」で力強いサウンドを
響かせた。

IMG_0132.JPG

左から一列目のギターは、
Gibson Custom 
Tak Matsumoto Double Cutaway Prototype Custom Ebony #2007-4
これまでメインとして活躍してきたDCシリーズの本器は、「NO EXCUSE」
「熱き鼓動の果て」「有頂天」で使用。

二列目のギターは、
Gibson Custom
Tak Matsumoto Double Cutaway Goldtop Aged #Tak G001
「YOU&I」「HEAT」の2曲で使われたゴールドトップ。今回のツアーで
登場したDCシリーズは、この2本だった。

三列目のギターは、
Gibson Custom 1958 Les Paul Chambered Lightly Figured Top Washed Cherry #CR87124
全弦半音下げ+ドロップC#の「RED」の他、「TIME」、サブ・ステージで
演奏された「Blue Sunshine」ではレギュラーで使用されたレスポール。

四列目のギターは、
Gibson Custom 
Les Paul 1957 Goldtop Reissue #1-8283
アレンジを変えて稲葉と2人で披露した「ZERO」で、オープンAチューニングに
スライド・バーを使用してプレイされたのが本器だった。

五列目のギターは、
Gibson
Les Paul Standard 1961
ナゴヤドーム公演では登場しなかったが、ツアー中に「Classmate」を
演奏する際、後にSGと呼び名が変わる'61年製の本器を起用したという。 

Tak's System & Inaba's Guitar & Support Member's Gear

IMG_0133.JPG

左上の写真は、Takサウンドの中枢を担うボード。
左奥から、イーブンタイド製ディレイ、FAT115F(フランジャー)、MXR製フェイズ99、
デジテック製ドロップ、FAT214.K(コンプ)、手前左からFAT製ツアー・サンプル
(フィックスド・ワウ)、FAT214.K、FAT514D LIMITED EDITION、FAT514.D
(共にブースター)、FAT314.C(コーラス)、ライン・セレクター、歪み/
クリーン用のディレイとリバーブとして使っているイーブンタイド製H9(マルチ)3台、
MIDIマウス、マッキー製ミキサーが並ぶ。

左中央の写真は、アンプもTakサウンドを支えるFATが手掛けたモデルを愛用。
クリーン&クランチ用が青のFAT10、バッキング&ソロ・プレイ時の歪みサウンド用が
赤のFAT13と、2種類合計4台を使い分けている。その下に設置されているのは
スイッチング・システム。キャビネットは、マイクが立てられた中央にある2台を
使用していて、本ツアーではクリーン用のスピーカーが右側のジェンセン製、歪み
用のスピーカーが左側のセレッション製と、それぞれ異なるものがセットされていた。

左下の写真は、ステージ上のTakの足元にセットされているエフェクター・ボード。
ジム・ダンロップ製オリジナル・モデルTM95(ワウ)とFAT製ボリューム・ペダル、
チューナーが並ぶ。
アンプの下に置かれたスイッチング・システム&ワーミーは、ステージ裏でギター・
テックが操作。アンプ上に並ぶ各エフェクターが8ループに分かれて接続されている。

中央下のギターは、
Gibson J-45
サブ・ステージで「Blue Sunshine」を披露した際に、稲葉が手にしていたアコギ。
10年以上愛用している1本で、ボディーには歴史を物語る傷跡が見て取れる。

中央上のギターは、
Gibson Les Paul Standard
大半の曲で活躍した大賀好修のメイン器。また、スタンドにテイラー製814eをセットし、
エレキとアコギ・サウンドを巧みに使い分けていた。その他、ダブル・ネックのSGや
ストラト、レスポール・カスタムも手にした。

右上のベースは、
ESP SERENA
バリー・スパークスのメイン器は、シグネチュア・モデルの4弦仕様。サンバースト・
カラーの5弦モデルも多用され、「Las Vegas」「愛のバクダン」では半音下げ
チューニング用の4弦ブルー・カラーが使われた。

中央下の増田隆宣が使用するシンセ群は、自身の正面上段にコルグ製オアシス、
下段に同じくクロノス、右手側にムーグ製ミニ・ムーグ、左手側にハモンド・
オルガンが並び、ハモンド・オルガンのみ自身の背後にあるレズリー・スピーカー
で鳴らしている。また、足下には各機のボリューム・ペダルとレズリー・スピーカー
のダンパー・ペダルをセット。

右上の写真は、大賀のメイン・システム。ボードに並ぶエフェクターは、コーラス、
ブースター、コンプ等、FAT製を中心としたラインナップとなっている。アンプは、
Takと同じくFAT製で上段が歪み用のFAT13、下段がクリーン用のFAT12。この他、
ディレイやリバーブが並ぶセクションと、本人の足下にボリューム・ペダルやワウ、
ワーミーが並ぶエフェクター・ボードがセットされている。

その下の写真は、アンプにギャリエン・クルーガー製800RBを据えるハリーのサウンド・
システム。最上段にMXR製フェイズ100(フェイザー)とFAT製314.C(コーラス)、その下に
サンズアンプ(プリ・アンプ)、シュア製ワイヤレス・システム、アバロン製D.I.がセット
されている。自身の足下に置かれたボードは、チューナー&BOSS製OC-2(オクターバー)と、
シンプルな内容だ。

右下の写真は、シェーン・ガラスのドラム・セット。本ツアーでパール製マスターワークス
のアクリル・シェルを愛用。TT12"、FT18"、16"、14"、BD22"、ロート・タム10"、8"。
シンバルはハイハット15"、クラッシュ19"×3、ライド22"、チャイナ&GENシリーズの18"の
重ね、9"スプラッシュと20"クラッシュを重ねたエフェクト・シンバル2種類をセット。
スネアは14"×6"のブラス・シェルをメインにしつつ、自身のシグネチュア・モデルもスタンバイ
させていた。

B'z関連の商品はこちらのサイトまで
  ↓↓↓
http://plaza.rakuten.co.jp/manygoods/

ホームページ→http://nwdxs538.wixsite.com/mysite-2







UA-83258122-1
posted by ミュージック at 21:07| Comment(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。